家族で楽しむキャンプ旅 〜気楽に、のんびり、カッコよく〜

奥さん子供たちと行ったキャンプ旅を中心に、あれこれ記事にしています。

子供と夜釣り@石狩湾

 

急遽夜釣りに行って来ました

今週は特別イベントも予定していないので、ダラダラと華金の夜を過ごしていました。

 

先週支笏湖に行って以来、釣りに行きたい欲が湧いています。

www.hajime0610.com

 

という訳で、何が釣れるのかもよく分かって無いのですが、石狩湾新港に行ってみることにしました。

 

長男に見つかる

ごそごそと釣りの支度をしていたら、リビングのソファで寝落ちしたはずの長男くんがこっちを見ています。

(遊びに行く雰囲気の察知はすごいです。)

 

釣りに行くなら連れてって!

明日は会社も保育園も休みでしょ!

 

ちびっ子を連れ歩くような時間ではないよなぁ・・。

と思ったのですが、彼は彼で、最近、釣りに連れて行ってもらいたい欲が湧いているようだったので、こっそり連れて行きました。

 

子供と一緒だし、久しぶりの夜釣りだったので全然写真撮ってる余裕が有りませんでした。(文字ばかりですが、悪しからず。)

 

ポイント

子供も一緒ということで、前にチラっと様子を見に行ったことがある樽川埠頭に行くことにしました。

 

樽川埠頭は駐車場前の岸壁にバッチリ柵がしてありますし、先端に進んだところは階段状の護岸なので、いきなり海にボチャンという心配がありません。

正直あまり釣れそうなイメージはありませんが、子供と一緒に行くなら良い所です。

 

とりあえず柵付き岸壁の階段側に空きがあったので、そこで釣り開始です。

岸壁の手前数メートルには捨石が沈めてあるのか、かなり凹凸が激しくて、油断すると直ぐに根掛かりします。

 

同じ岸壁の反対側(埠頭の根元側)は何やら投光器を使った一団が釣りをしています。

あとで聞いたのですが、皆さんマメイカを釣っていたそうです。

暖かくなってイカシーズンなんですね。

 

道具・仕掛け

なんとなく思いつきで出発したので、十分な装備がありません。

 

仕掛け①:冷凍庫にあった食材ぶん投げ仕掛け

餌には我が家の冷凍庫に入っていた小さい有頭エビと業務用ししゃもを持って行きました。奥さんにバレないよう、エビ3匹、ししゃも2匹を拝借しました。

針は号数不明ですが、小さめのメタルジグにつけるアシストフックを使います。重りはナツメ重り4号位です。

竿はライトショアジギング用です。下記リンクのものでほぼほぼ同じ装備ですね。

   

 

仕掛け②:ワームを投げる用

小さいガルプを投げるために柔らかめのトラウトロッドを使います。

ジグヘッドは4gで、ワームは地味めな色のを使います。

なんとなく一番実績があるような気がするものを使います。

(大きいのが釣れた覚えは無いのですが・・)

 

 

 釣果

冷凍庫食材の方は、アタリは何度かあったのですが、針がかりしませんでした。

ぶん投げてやや放置だったので、長男くんが教えてくれなければアタリすら良く分からなかったかもしれません。

アタリがあっても掛からないのは、餌が大きすぎたのかもしれません。餌の端っこを咥えて餌だけ取られたイメージでした。

昔、白老港で釣りした時はバンバン丸呑みにしていったのに・・。

 

エビはプリッとしてるから餌持ちが良いですが、ししゃもはイマイチでしたね。魚に突かれてるのかもしれませんが、直ぐにボロボロになってしまいます。

 

ワームの方は、表層をゆーっくり巻いていたらゴンとアタリがあり、25センチくらいのクロソイが釣れました。

あんまり引かなかったですね。

白老港や岩内港、森とか江差とか今まで幾つかの地方で釣りしましたが、サイズの割に最弱だった気がします・・。

(個体差か、地域差か・・。)

 

釣れた魚を解体して餌にするとバカ釣れすることが多いのですが、今回は子連れで来ているし、案外寒かったので、とっとと撤収することにしました。

長男はもっと釣ろう、と言ってましたが、

正直、子供のことを気にしてるとどうも釣りに集中できません。

浮き釣りとかもっとのんびり目な釣りなら良いのかもしれませんね。

 

 

また仕切り直して釣りに行きたいものです。